山田偽研

iCBM3 付録

付録1 メニューの定義

メニューは定義ファイルを直接編集します.

対象 定義ファイル
フォルダーツリー Menu_FolderTree.XML
タグクラウド Menu_TagCloud.XML
アイテムリスト Menu_ItemList.XML
検索タイプ Menu_Search.XML

付録1−1 親メニューの定義

親メニューで子メニューを囲むことで階層構造を形成します.

<parent name="名称" [icon="アイコン名"]>
 <menuItem command="コマンド1" />
 <menuItem command="コマンド2" />
 ...
</parent>

アイコンは以下の3通りの設定方法があります.

表記 説明
フルパス c:\..\History.gif 任意の場所に存在する画像ファイル
ファイル名 History.gif 画像フォルダ("images")内の画像ファイル
拡張子なし History 内蔵画像リソース

付録1−2 子メニューの定義

子メニューはコマンド名を指定するとタイトル,アイコン,ショートカットキーを自動的に設定します.

<menuItem command="コマンド" />
付録1−2−1 コマンドメニュー
コマンド 説明
AllAliasItems エイリアスをリストアップ
AllAppItems 実行ファイルをリストアップ
AllEntryItems 全エントリーアイテムをリストアップ
AllHibernateFeeds 休止Feedをリストアップ
AllMemoItems メモアイテムをリストアップ
AllSpecialItems 特殊アイテムをリストアップ
AppendTag タグクラウドで選択中のタグを追加
ChangeLayout メインウィンドウの表示レイアウトを変更
ClearComment アイテムのコメントを全削除
ClearTags アイテムのコメントから%tagsマクロを全削除
CollapseLowerTree 下位のフォルダツリーを閉じる
CollapseOtherTree 他のフォルダツリーを閉じる
ConvertToHtmlText アイテムのコメントをHTMLテキストに変換
ConvertToPlainText アイテムのコメントを平文テキストに変換
CopyComment コメントをコピー
CopyRSS RSS/Atom/Podcastアドレスをコピー
CopyTag タグクラウドで選択中のタグをコピー
CopyTemplate ユーザー定義のテンプレートによるコピー
CopyTitle タイトルをコピー
CopyURL URL/PATH/Aliasをコピー
CreateAlias エイリアスを作成
CreateClone クローンを作成
CreateFolder 新規フォルダを作成
CreateItem 新規アイテムを作成
DownloadPodcast Podcastアイテムをダウンロード
Edit アイテムを編集・閲覧
EditAppearance 外観設定ファイルを編集
EditMenuFolderTree ツリーのメニュー設定ファイルを編集
EditMenuItemList リストのメニュー設定ファイルを編集
EditMenuSearchBar 検索タイプの設定ファイルを編集
EditMenuTagCloud タグクラウドのメニュー設定ファイルを編集
EmptyTrash ゴミ箱フォルダを空にする
EnumErrorItems 更新チェックの失敗アイテムをリストアップ
EnumNewItems 新着アイテムをリストアップ
EnumRecentItems 最新着アイテムをリストアップ
EnumUnreadItems 未読アイテムをリストアップ
ExpandAllTree 全てのフォルダツリーを開く
ExpandLowerTree 下位のフォルダツリーを開く
Export 別形式で保存する
FlattenNewItems 新着アイテムをフラット表示する
FlattenRecentItems 最新着アイテムをフラット表示する
FlattenUnreadItems 未読アイテムをフラット表示する
GoBack 表示履歴をひとつ前へ戻る
GoBF 「戻る・進む」メニューをまとめて定義
GoForward 表示履歴をひとつ先に進む
GoHome ホームポジションへ移動
History ブラウザの訪問履歴(サブメニュー付き)
InlineEdit タイトルをインライン編集
InsertLine セパレータを挿入
MoveToParent 親フォルダへ移動
MoveToTrash アイテムをゴミ箱フォルダに捨てる
OpenUrlWith ブラウザに表示する(サブメニュー付き)
Option オプション設定ダイアログ
Paste クリップボードのURLからアイテムを新規作成
PlayPodcast Podcastアイテムを再生
Read アイテムを既読とする
RecentVisitItems 最近訪問したアイテムをリストアップ
RefreshTagCloud タグクラウドを最新の状態に更新
Remove アイテムを完全に削除
ReplaceText アイテムのテキストを置換
Reset 更新チェッカーから解除
SelectAll リストアイテムをすべて選択
SelectNone リストアイテムをすべて選択解除
ShowNotify 通知ウィンドウを開閉
ShowPocket 登録ウィンドウを開閉
StartAll 全更新チェックを開始
StartSelect 個別更新チェックを開始
Stop インターネット接続を中止
SynchroAll 全ブックマークを同期
SynchroSelect 個別ブックマークを同期
Unread アイテムを未読とする
付録1−2−2 検索メニュー
コマンド 説明
SearchBookmark ブックマーク検索
SearchHistory ブラウザ訪問履歴検索

付録1−3 インターネット検索メニューの定義

<menuItem name="名称" url="URL" [encode="エンコード"] [icon="アイコン名"] />
パラメータ 説明
名称 インターネット検索のタイトル
URL 検索クエリーアドレス(キーワードは環境変数"%s"で渡す)
エンコード 日本語キーワードのエンコード方式
アイコン 親メニューの説明を参照
注意
メニュー定義ファイルはXML文書なので,特定の文字に関してエンティティの書き換えが必要となる場合があります.
特に"&""&amp;"と書き換えることをお忘れなく.

付録1−4 セパレータの定義

メニュー間の仕切り線を定義します.

<menuItem />

付録2 外観の定義

外観も定義ファイルを直接編集します.

定義ファイル
Appearance.XML

付録2−1 Skin

スキンに関する設定です.

要素 属性 説明
  path スキン画像のファイルパス(相対表記)
  tiled スキン画像をタイル状に貼り付けるか?
  color 背景色(注)
注意
背景色はpathの設定がないか無効の場合のみ有効です.

付録2−2 Toolbar

ツールバーに関する設定です.

要素 属性 説明
buttons show 表示するか?
  layout ボタンのレイアウト(1)
caption show キャプションを表示するか?
  color キャプションの文字色
font name フォント名称(注)
  size フォントサイズ(注)
visualStyle enabled システムのビジュアルスタイルに合わせるか?
注意
ツールバーのコンボボックス,テキストボックス,数値入力コントロールのフォントを設定します.
付録2−2−1 ボタンのレイアウト

ボタンのレイアウトは"ボタン名""セミコロン"で連結して記述します.

  ボタン名 説明
Refresh.png 同期 以下の同期入出力コマンドをまとめたボタン
Refresh.png 選択同期 選択ブックマークの同期入出力コマンド
Refresh.png 全同期 すべてのブックマークの同期入出力コマンド
Connect.gif 開始 以下の更新チェック開始コマンドをまとめたボタン
Connect.gif 選択開始 選択項目の更新チェックを開始するコマンド
Connect.gif 全開始 全エントリー項目の更新チェックを開始するコマンド
Stop.gif 中止 インターネット接続を中止
Reset.png 解除 更新チェッカーから解除
Read.gif 既読 アイテムを既読とする
Unread.gif 未読 アイテムを未読とする
Entries.png 列挙 アイテム列挙に関するコマンド群
History.gif 履歴 訪問履歴に関するコマンド群
GoBack.gif 戻る 表示履歴をひとつ前へ戻る
GoForward.gif 進む 表示履歴をひとつ先に進む
  辿る "戻る・進む・表示履歴ドロップダウン"ボタンをまとめて定義
GoHome.gif ホーム ホームポジションへ移動
ToParent.gif 親へ 親フォルダへ移動
Expand.gif 展開 子アイテムを展開してリストアップ
Tree.png ツリー フォルダツリーの開閉に関するコマンド群
CreateItem.gif 新規 新規作成に関するコマンド群
Edit.gif 編集 編集・変換に関するコマンド群
Trash.gif 削除 アイテムの削除に関するコマンド群
Export.gif 保存 保存に関するコマンド群
Copy.gif コピー コピーに関するコマンド群
Paste.gif 貼付 クリップボードのURLからアイテムを新規作成
  ブラウザ ブラウザボタン群
Podcast.gif 放送 Podcastに関するコマンド群
Notify.gif 通知 通知ウィンドウを開閉
Drop.gif 登録 登録ウィンドウを開閉
Layout.png 構成 表示レイアウトを変更
Option.gif 設定 オプション設定などに関するコマンド群
   | ツールバーのセパレータ

付録2−3 Menu

メニューに関する設定です.

要素 属性 説明
  flap 折り返す項目数
  length タイトルの最大文字数
  history 表示履歴の最大保存数

付録2−4 Item

アイテムに関する設定です.

要素 属性 説明
normal color 文字色(通常)
readOnly color 文字色(編集不可)
special color 文字色(特殊フォルダ)
popup color 文字色(%popupマクロ定義)
watch color 文字色(%feedマクロのwatchサブキー定義)
bookmark color 文字色(ブックマーク)
syncmark color 文字色(同期出力が可能なブックマーク)
separator color 背景色(セパレータ)
font name フォント名称
  size フォントサイズ
ghostimage enabled ドラッグ項目のゴーストイメージを表示するか?

付録2−5 FolderTree

フォルダツリーに関する設定です.

要素 属性 説明
background color 背景色
dragBorder color アイテムドラッグ時の枠線色

付録2−6 TagCloud

タグクラウドに関する設定です.

要素 属性 説明
options max フォントサイズの上限を決める値
template   テンプレート(1)
付録2−6−1 テンプレート

タグクラウドのHTMLを定義するテンプレートです.

"$tags$"にタグクラウド本体のデータを読み込みます.

付録2−7 ItemsList

アイテムリストに関する設定です.

要素 属性 説明
background color1 背景色(通常時)
  color2 背景色(検索列挙時)
dragBorder color アイテムドラッグ時の枠線色
gridLine enabled グリッドラインを表示するか?

付録2−8 InfoBox / Title

情報ボックス/タイトルバーに関する設定です.

要素 属性 説明
font name フォント名称
  size フォントサイズ
  bold 太字にするか?
height max タイトルバーの高さ・最大値
  min タイトルバーの高さ・最小値

付録2−9 InfoBox / TagCloud

情報ボックス/ミニタグクラウドに関する設定です.

要素 属性 説明
background color1 背景色(通常時)
  color2 背景色(マウス静止時)
link color1 文字色(通常時)
  color2 文字色(マウスクリック時)
font name フォント名称
  size フォントサイズ

付録2−10 InfoBox / Editor

情報ボックス/エディタパネルに関する設定です.

要素 属性 説明
font name フォント名称
  size フォントサイズ
space left 左マージン
  top 上マージン
  line 行間隔
  tab TAB幅
display ruler ルーラーを表示するか?
  lnum 行番号を表示するか?
  eol 改行記号を表示するか?
  eof 文末記号を表示するか?
  tab TAB記号を表示するか?
  ul カーソル行に下線を表示するか?
  dirt 編集行にマークを表示するか?
  bra ペア括弧強調を表示するか?
  url クリッカブルURLを有効にするか?
  indent 自動インデントするか?
background edit 背景色(編集部)
  lnum 背景色(行番号&ルーラー)
  select 背景色(選択テキスト)
  bra 背景色(ペア括弧強調)
  srch 背景色(検索強調)
text edit 文字色(編集部)
  lnum 文字色(行番号&ルーラー)
  select 文字色(選択テキスト)
  bra 文字色(ペア括弧強調)
  eol 改行記号色
  eof 文末記号色
  ul 下線色
  dirt 編集マーク色
html str 文字色(HTMLハイライトの文字列)
  com 文字色(HTMLハイライトのコメント)
  name 文字色(HTMLハイライトのタグ)
  ent 文字色(HTMLハイライトのエンティティ)
  attr 文字色(HTMLハイライトの属性)
  delm 文字色(HTMLハイライトのデリミタ)
users   ユーザーハイライトの配列
user bg 背景色(ユーザーハイライト)
  fg 文字色(ユーザーハイライト)
  (テキスト) パターン(ユーザーハイライト)
付録2−10−1 ユーザーハイライトについて

ユーザーハイライトはTMNユーザー定義セットによるハイライトと同じコードで動作しています.そのため,パターンの記法はまったく同じですのでそちらの説明を参照してください.

背景色&文字色に関しては基本的に他パラメータの色設定と同じなのですが,パターンが正規表現かつグループ定義している場合だけ記法が変わります.

例えば,グループが2つある正規表現に配色をする場合は

fg="パターン全体の文字色;グループ1の文字色;グループ2の文字色"
bg="パターン全体の背景色;グループ1の背景色;グループ2の背景色"

と記述します.見て分かる通り,グループの個数+1個の色をセミコロンで連結しています.当然のことながら,文字色と背景色の設定数は同数でなければなりません.読み込み時にこの数が一致していない定義はスキップします.

ところで,特定のグループだけ配色して,残りは元の配色のまま残すにはどうしたらよいのでしょう? 上記の例からグループ1だけ配色する場合は

fg=";グループ1の文字色;"
bg=";グループ1の背景色;"

と記述します.元の配色を残す部分を空欄にします.

この規則は例えば元の文字色のままで背景色だけ変更するような時にも適用できます.上記の例からグループ1の背景色だけ変更する場合は

fg=";;"
bg=";グループ1の背景色;"

と記述します.これでfgから設定がすべて消えてしまいましたが省略してはいけません.なぜなら,先に述べた通り「文字色と背景色の設定数は同数でなければならない」からです.よって,セミコロンだけの定義にも意味があることに注意してください.

付録2−11 InfoBox / Browser

情報ボックス/ブラウザパネルに関する設定です.

要素 属性 説明
filter level ポップアップウィンドウのブロックレベル(1)
performance expand IEと同等のパフォーマンスを実現するか?
  gpu 可能ならばGPUによるレンダリングを行うか?
  connect リンク読み込みの同時接続数
background color 背景色
text color 文字色
templates   ブラウザパネル表示用テンプレート(配列)
  default %displayマクロによる指定がない場合のテンプレートの名称
  history ブラウザ訪問履歴表示のテンプレートの名称
template name ブラウザパネル表示用テンプレートの名称(2)
  (テキスト) ブラウザパネル表示用テンプレートの定義(HTML)(2)
付録2−11−1 ポップアップウィンドウのブロックレベル
level 説明
0 一切ブロックしない
1 安全なサイトのポップアップを許可する
2 ほとんどの自動ポップアップをブロックする
3 すべてのポップアップを禁止する
付録2−11−2 テンプレート

選択アイテムの内容をブラウザパネルに表示するためのテンプレートを定義します.iCBM3はアイテムの用途や内容に応じて,様々なレイアウトのテンプレートを切り替えて表示することができます.

表示までの流れ

例として,Podcast記事をブラウザパネルに表示するまでの流れを説明します.

1.%displayマクロ

親Feedのコメント欄に以下の%displayマクロを記述します.

%display[child=podcast]

childサブキーにPodcast再生用テンプレートの名称"podcast"をセットします.

2.親テンプレートを検索

template要素の中からnameが"podcast"のテンプレートを検索してバッファに読み込みます.

<!DOCTYPE html>
<html><head>
{{#header1}}
</head>
<body>
<div class="enclosure article">
{{$x$??#player}}<p>$C$</p>
{{#date}}
</div>
</body></html>
3.子テンプレートの展開

上記の親テンプレートを見ると

{{子テンプレートの名称}}

という記述があります.

これは子テンプレートをこの場所に読み込んで展開するための置換子です.

更に子テンプレートの中に置換子が見つかれば,芋づる式(最大5階層まで)に読み込んで展開していきます.

ところで,親テンプレートの中には特殊な置換子があります.

{{$x$??#player}}

これは指定した環境変数が空文字でない場合のみテンプレートを読み込むという条件付き置換子です.

{{環境変数??個別テンプレート名}}

上記の場合は,"$x$"(Podcastアドレス)が存在するならば,テンプレート"#player"を読み込むという仕掛けになります.

4.環境変数に代入

テンプレートに記述された環境変数にPodcast記事のエレメント値を流し込みます.

また,下記の特別環境変数の記述があれば値を代入します.

特別環境変数
$css$ 外部CSSへの参照アドレス
$exec$ 実行ファイルのあるフォルダへのパス
$user$ 初期設定フォルダへのパス
5.ブラウザパネルへ表示

すべて展開&代入が終わったテンプレートを

{Settings}\temp.html

にファイル出力して,ブラウザパネルに表示します.

付録2−12 Statusbar

ステータスバーに関する設定です.

要素 属性 説明
background enabled 背景にスキン画像を表示するか?
text color 文字色
link color ノーマルリンク色
alink color アクティブリンク色
error color エラーメッセージ色
font name フォント名称
  size フォントサイズ

付録2−13 NotifyWindow

通知ウィンドウに関する設定です.

要素 属性 説明
background color1 背景色(グラディエーション右)
  color2 背景色(グラディエーション左)
  color3 背景色(マウス通過時)
title1 color 文字色(主タイトル)
title2 color 文字色(副タイトル)
article color 文字色(Feed記事タイトル)
link color ノーマルリンク色
alink color アクティブリンク色
font name フォント名称
  size フォントサイズ

付録2−14 SourceWindow

%checkマクロのkeywordサブキーの編集ダイアログに関する設定です.

要素 属性 説明
font name フォント名称
  size フォントサイズ
space left 左マージン
  top 上マージン
  line 行間隔
  tab TAB幅
display ruler ルーラーを表示するか?
  lnum 行番号を表示するか?
  eol 改行記号を表示するか?
  eof 文末記号を表示するか?
  tab TAB記号を表示するか?
  ul カーソル行に下線を表示するか?
  dirt 編集行にマークを表示するか?
  bra ペア括弧強調を表示するか?
background edit 背景色(編集部)
  lnum 背景色(行番号&ルーラー)
  select 背景色(選択テキスト)
  bra 背景色(ペア括弧強調)
text edit 文字色(編集部)
  lnum 文字色(行番号&ルーラー)
  select 文字色(選択テキスト)
  bra 文字色(ペア括弧強調)
  eol 改行記号色
  eof 文末記号色
  ul 下線色
html str 文字色(HTMLハイライトの文字列)
  com 文字色(HTMLハイライトのコメント)
  name 文字色(HTMLハイライトのタグ)
  ent 文字色(HTMLハイライトのエンティティ)
  attr 文字色(HTMLハイライトの属性)
  delm 文字色(HTMLハイライトのデリミタ)
marker bg1 背景色(検索一致した文字列全体)
  bg2 背景色(検索一致したグループ番号1の部分文字列)

付録2−15 DropPocket

ドロップポケットに関する設定です.

要素 属性 説明
background color1 背景色(通常時)
  color2 背景色(ドロップ時)
  color3 背景色(枠線)
opacity ratio 透明度(通常時)

付録2−16 ToolTip

ツールチップ(ポップアップメッセージ)に関する設定です.

要素 属性 説明
text color 文字色(通常)
error color エラーメッセージ色
news color 速報ニュースのFeed記事色
font name フォント名称
  size フォントサイズ

付録2−17 Sounds

サウンド出力に関する設定です.

要素 属性 説明
active enabled サウンド出力を有効にするか?
complete path コマンド完了音のファイルパス
chime path 更新チェック完了音のファイルパス
error path コマンドエラー音のファイルパス

付録2−18 Commons

要素定義を省略した場合の共通値に関する設定です.

要素 属性 説明
font name フォント名称(1)
  size フォントサイズ
付録2−18−1 フォント名称について

候補となるフォント名称をセミコロンで連結して複数記述することができます.

<font name="Meiryo UI;MS UI Gothic;Arial" size="12.0" />

システムにインストールされているフォントと合致する候補が共通フォントとして採用されます.合致する候補が複数ある場合は先に記述した方を選択します.

付録3 ブラウザのコンテキストメニュー

obsolute

付録4 複数コンピュータ間の同期

iCBM3に登録したブックマークを複数のコンピュータ間で同期するには,一昔前ならば「USBメモリにiCBM3と各種ブラウザをインストールして持ち運ぶ」方法しかありませんでした.しかし,今ならばDropboxのような同期系オンラインストレージサービスを活用するほうが圧倒的に便利でしょう.また,ほとんどのメジャーブラウザでブックマーク同期サービスを利用できるようになったので,最早何も持ち歩く必要はなくなりました.

本章ではこれらのサービスを駆使して「iCBM3とブラウザブックマークを複数コンピュータで利用する」方法を解説します.

付録4−1 利用条件

同期するすべてのPCにあなたのアカウントがあり,それぞれにiCBM3がインストールされていると仮定します.これが満たされない場合は,残念ながらこれから解説する方法は適用できません.

さて,複数コンピュータ間で同期させると言っても,iCBM3やブラウザのすべての設定&ブックマークをオンラインストレージに突っ込んでしまうのは賢いやり方とは言えません.それぞれのコンピュータは環境(OS,ディスプレィ解像度など)が異なるでしょうし,インストールされているブラウザがそもそも同じとは限りません.というわけで,以下のような方針で同期を行うことにします.

  • 設定ファイル(iCBM3.XML, Appearance.XML, Menu_FolderTree.XML, Menu_ItemList.XML, Menu_Search.XML, Menu_TagCloud.XML)は同期しない.
  • OPMLファイル(scrap.OPML, trash.OPML など)と更新チェックデータベース(updates.DB)のみ同期する.
  • ブラウザブックマークはブラウザ個別のブックマーク同期サービスを利用する.そのため,iCBM3とブラウザブックマークの"同期フラグ"がオンだと不都合が生じるのでオフにしておきます.

付録4−2 OPMLファイルとデータベース同期

同期系ストレージサービスはいろいろありますが,最もポピュラーなDropboxを使った例を解説します.

すべてのコンピュータにDropboxクライアントを同じアカウントでインストールします.

Dropbox"My Dropbox"というフォルダにあるファイル/フォルダのみを同期することができます.任意の場所のファイルを同期することはできません.そのため,iCBM3のファイル群を同期するにはちょっとした工夫が必要となります.

まず,同期したいファイルを適当なフォルダに収めて"My Dropbox"に配置します.

次に,そのフォルダのシンボリックリンクをiCBM3の設定フォルダ直下に作成します.

参考
Dropboxとシンボリックリンク(Windows XP): Active Non-Action 2.0

最後に,iCBM3.XMLに記述された関連するファイル/フォルダパスを変更します.

定義箇所 変更前 変更後
Bookmarks/bookmark@path scrap.OPML demo_bookmarks\scrap.OPML
Bookmarks/bookmark@path trash.OPML demo_bookmarks\trash.OPML
Checker/database updates.DB demo_bookmarks\updates.DB

この他にも関連するファイル/フォルダがあれば適宜変更してください.

2台目以降のコンピュータも同様にシンボリックリンクを作成してiCBM3.XMLを編集します.

付録4−3 ブラウザブックマーク同期

各ブラウザのブックマーク同期サービスのインストールや使い方は,各サイトの説明を御覧ください.

ところで,ブックマーク同期サービスDropboxのように常駐しているわけではなく,ブラウザを起動している間のみ同期作業を行います.ということは,ブラウザを先に立ち上げて同期を完了してからiCBM3を起動しないと,ブックマーク内容に齟齬が生じてしまうかもしれません.ただし,起動順序が逆になっても"全ブックマーク同期"コマンドを実行すれば,いつでも最新のブックマークを読み込むことができるので,それほど神経質になる必要はありません.

付録5 環境変数

環境変数はテンプレートにアイテムエレメントやシステム定数を加工して渡す役割を果たします.

付録5−1 定義

付録5−1−1 アイテムエレメント
[{エレメント記号}{整形関数}]
${エレメント記号}{整形関数}$

囲み記号"[..]"と"$..$"はどちらも同じ結果を得ます.テンプレートの中でコンフリクションを起こさないように,自由に使い分けてください.

{エレメント記号} 説明
t タイトル
u URL/PATH/Alias
U %displayマクロのurlサブキーの値
x RSS/Atom/Podcastアドレス
r      〃
c コメント
C マクロ宣言を除去したコメント
m 更新日時(キャプションなし)
M 更新日時(キャプションあり)
v 訪問日時(キャプションなし)
V 訪問日時(キャプションあり)
a 作成日時(キャプションなし)
A 作成日時(キャプションあり)
d 更新日時 or 訪問日時 or 作成日時 or 空文字(キャプションなし)
D 更新日時 or 訪問日時 or 作成日時 or 空文字(キャプションあり)

整形関数記号は一部の例外を除いて複数記述することができます.

ただし,一般的な数学関数と異なり,左側の関数から作用していくので注意してください.

{整形関数} 説明
なし なにも変換しない
p HTMLテキストを平文化
P 平文テキストをHTML化
h HTMLエンコード
H HTMLデコード
u URLエンコード
U URLデコード
b "#"文字のみURLエンコード(1)
n ドメイン名(1)
a ドメイン名の頭文字(1)
d iCBM3の日時書式に変換(2)
w Windowsファイル名称に使えない文字をスペースに置換
q Wikiリンクのタイトル用のエスケープする
e マクロ引数用のエスケープ
r 無駄な改行を除去
R 制御文字(0x00〜0x19)を除去
t トリミング
(開始,長さ) 要素文字列の指定箇所を取得
注意1
エレメントがアドレス関連に限る
注意2
エレメントが日時関連に限る
付録5−1−2 制御文字
表記 説明
\r 復帰
\n 改行
\t タブ

付録5−2 例

付録5−2−1 ブラウザへ送る
はてなブックマークのエントリー照会
http://b.hatena.ne.jp/entry/[ub]
URLの安全性チェック
http://www.aguse.jp/?url=[uu]
付録5−2−2 アンカー
HTML形式のリンクタグ
<a href="[u]" target="_blank">[tph]</a>
Wiki形式のリンク
[$tpq$|$u$]
付録5−2−3 スナップショット
<a href="[u]"><img alt="[tph]" border="0" align="left" src="http://mozshot.nemui.org/shot?[U]"></a>