山田偽研

W2H

概要

山田偽研で公開しているソフトウェアのオンラインマニュアルは,動的なCGIリンクによって構成されているため,そのままHTML保存してもオフラインで閲覧することはできません.(正確には閲覧はできるけど,リンクをクリックすると山田偽研に接続することになり,オンラインで見ているのと大差がありません.)

W2Hは,CGIリンクを静的なリンクに変換して,画像や不必要なセクションなどを削除することで,オフラインで読むことができるマニュアルを作成します.

ダウンロード

W2H.png W2H_104b_WIN_NET451.zip Ver.1.04b .NET 4.5.1版 2014年6月15日
  W2H_104b_WIN_NET35.zip 同上 .NET 3.5版 2014年6月15日

実行に必要な実行環境

W2Hを実行するためには,下記の実行環境が必要です.

.NET Framework

このソフトを利用するためには,事前にMicrosoft .NET Framework 4.5.1もしくは3.5をインストールしておく必要があります.ご自分の環境に合わせたパッケージを以下のリンクから取得してください.

使い方

  1. ウェブブラウザでオンラインマニュアルページを開きます.
  2. メニューから「名前をつけて保存」コマンドを実行します.
    • 形式は"HTMLのみ",エンコードは元の"EUC"のままを選択します.
  3. 保存したファイルをW2H.exeにドラッグ&ドロップします.
    • オフラインマニュアルの出力名は入力ファイルの内容から自動的に決定します.
    • 表示メッセージ "Inner Links"に処理したマニュアル以外が列挙される場合があります.これはそのマニュアルへの内部リンクを含んでいることを意味します.なので,そのマニュアルも同様に変換して,同じ場所に保存することをお薦めします.

改造履歴

Ver.1.04b

  • CCBでの公開に引き続き,.NET Framework 4.5.1でビルドすることにしました.念の為,.NET 3.5でビルドしたパッケージも置いています.

Ver.1.03b

  • 公開バージョン