山田偽研

CRCRC マニュアル

1 インストール&アンインストール

1−1 実行に必要な実行環境

CRCRCを実行するためには,下記の実行環境が必要です.

1−1−1 .NET Framework

このソフトを利用するためには,事前にMicrosoft .NET Framework 4.5.1もしくは3.5をインストールしておく必要があります.ご自分の環境に合わせたパッケージを以下のリンクから取得してください.

1−2 インストール

ZIP圧縮ファイルを適当な場所に解凍したらそのまま起動できます.

1−3 バージョンアップ

バージョンアップは実行フォルダにすべての新規ファイルを上書きするだけで完了です.

何らかの理由で,初期設定が壊れたり,設定をロールバックしたい場合は,設定ファイル(CRCRC.XML)を削除して再起動すると,デフォルト状態の設定ファイルを再生成します.

1−4 アンインストール

アンインストールは実行フォルダのすべてのファイルを削除します.

2 基本的な使い方

2−1 ファイル登録

処理したいファイル(もしくはファイルが入っているフォルダ)をリストビューにドラッグ&ドロップします.起動時にファイルを実行ファイルにドラッグ&ドロップすることも可能です.

この時,ステータスバーの登録方法ドロップダウンメニューの値により動作が異なります.

登録方法 動作
自動判別 検査モードと計算モードを自動判別して登録
計算固定 計算モードに固定して登録
2−1−1 検査モード

ドラッグ&ドロップされたファイルの中にハッシュテーブルが見つかったら,そちらからファイル情報&ハッシュ値&ファイルサイズを登録して,それ以外のファイルは捨て去ります.

読み込むハッシュテーブルの書式は正規表現で自由に定義することができます.詳しくは"オプション設定|フォーマット"を参照してください.

2−1−2 計算モード

ドラッグ&ドロップされたファイルをすべて登録します.

計算モードの場合は何度でもファイルを追加登録することができます.

登録が済んだらツールバーの計算方法メニューを選択します.

2−2 開始

ツールバーの開始ボタンをクリックすると検査/計算を開始します.

処理モード 動作
検査モード 登録ファイルのハッシュ値とファイルサイズを検査
計算モード 登録ファイルのハッシュ値を計算

2−3 保存

ツールバーの保存ボタンをクリックすると結果をハッシュテーブルとして保存します.

3 ツールバー

3−1 計算方法

ハッシュ値の計算方法を選択します.

注意
このメニューは"計算モード"のみ変更可能です.

3−2 Start.png 開始

検査/計算を開始します.

3−3 Stop.png 中止

検査/計算を中止します.

3−4 Reset.png リセット

処理モード 動作
計算モード ハッシュ値をクリア
検査モード 検査結果をリセット
3−4−1 全項目をリセット

全項目をリセットします.

3−4−2 選択項目をリセット

選択項目をリセットします.

3−5 Delete.png 削除

3−5−1 全項目を削除

全項目をリストから削除します.

3−5−2 選択項目を削除

選択項目をリストから削除します.

3−5−3 重複項目を削除

場所(ファイルパス)が重複している項目をリストから削除します.

3−5−4 選択ファイルをゴミ箱へ

選択項目をリストから削除して,ゴミ箱にファイルを捨てます.

3−6 Select.png 選択

3−6−1 全項目を選択

全項目を選択します.

3−6−2 全項目を選択解除

全項目を選択解除します.

3−6−3 成功項目を選択

検査/計算に成功した項目を選択します.

3−6−4 失敗項目を選択

検査/計算に失敗した項目を選択します.

3−6−5 待機項目を選択

検査/計算をする前の項目を選択します.

3−6−6 選択項目を浮上

選択した項目をリスト最上部に浮上させます.

3−7 Copy.png コピー

3−7−1 全カラムをコピー

選択項目の全カラムをTABコードで連結してクリップボードにコピーします.

3−7−2 ファイル名をコピー

選択項目のファイル名をクリップボードにコピーします.

3−7−3 ハッシュ値をコピー

選択項目のハッシュ値をクリップボードにコピーします.

3−7−4 サイズをコピー

選択項目のサイズをクリップボードにコピーします.

3−7−5 場所をコピー

選択項目の場所(ファイルパス)をクリップボードにコピーします.

3−8 Save.png 結果を保存

検査/計算の結果をハッシュテーブルとして保存します.

文字コードなどは"オプション設定|パラメータ|保存"にて設定します.

保存ダイアログにて以下の3通りから出力書式を選択します.

3−8−1 WinCRC形式
ファイル名<space>ハッシュ値<space>ファイルサイズ
Name                                CRC      Bytes
-----------------------------  --------  ---------
Kalimba.mp3                    86F3C7A2  8,414,449
Maid with the Flaxen Hair.mp3  AC3C5BD3  4,113,874
Sleep Away.mp3                 A0D2C227  4,842,585
--------------------------------------------------
Total 3 Files  17,370,908 Bytes
3−8−2 WinSFV形式
ファイル名<space>ハッシュ値
Kalimba.mp3 86F3C7A2
Maid with the Flaxen Hair.mp3 0396A391
Sleep Away.mp3 A0D2C227
3−8−3 cccs形式
ハッシュ値<space>ファイル名
86F3C7A2 Kalimba.mp3
0396A391 Maid with the Flaxen Hair.mp3
A0D2C227 Sleep Away.mp3

3−9 App.png 選択項目(先頭)を既定アプリで開く

選択項目(複数選択の場合は先頭項目のみ)を関連付けられた既定アプリで開きます.

3−10 Open.png 選択項目(先頭)の親フォルダを開く

選択項目(複数選択の場合は先頭項目のみ)の親フォルダをエクスプローラで開きます.

3−11 GoUp.png 上へ

選択項目をひとつ上の行に移動します.

3−12 GoDown.png 下へ

選択項目をひとつ下の行に移動します.

3−13 Option.png オプション設定

オプション設定ダイアログを開きます.

4 オプション設定

4−1 フォーマット

ハッシュテーブルの読み込みフォーマットを定義します.

4−1−1 拡張子

選択項目に関連付けられたファイル拡張子を設定します.

拡張子を複数定義したい場合は"|"で連結して記述します.

4−1−2 パターン

選択項目のパターン(正規表現)を設定します.

各パラメータは名前付きグループによって定義します.

名前 説明
name ファイル名
hash ハッシュ値
size ファイルサイズ
記述例
  • WinCRC形式の場合
^(?<name>.+?) +(?<hash>[0-9a-f]{4,}) +(?<size>[0-9,]+)

後述するテーブルを末尾から読み込むスイッチをオンにしておくことがポイントです.そうしないとデータブロックを誤った区切りで読み込んでしまう危険性があります.

4−1−3 テーブルを末尾から読み込む

このスイッチがオンの場合,正規表現の"RightToLeft"オプションを有効にしてパターンマッチングを行います.

4−1−4 新規

新規フォーマットを定義します.

4−1−5 複製

選択項目の複製を作成します.

4−1−6 削除

選択項目を削除します.

4−1−7 ▼・▲

選択項目の定義順を上下に移動します.

4−2 パラメータ

4−2−1 計算
プログレスバー閾値

ファイルサイズがこの値より大きければプログレスバーを表示します.

バッファサイズ

検査/計算のバッファサイズを設定します.

スレッド優先度

検査/計算のスレッド優先度を設定します.

注意
"最高"を選んでも計算速度が劇的に向上するわけではありません.通常は"低"ぐらいが妥当なところでしょう.
4−2−2 保存
ファイル名書式
ファイル名書式 出力
ファイル名 ファイル名のみ
相対パス ハッシュテーブルの保存場所から見たファイルの場所
絶対パス 絶対パス表記
文字エンコード

ハッシュテーブルファイルの文字エンコードを選択します.

テーブル名

ハッシュテーブルファイル名(拡張子を除く)を設定します.

設定は以下のテンプレートを使って記述することができます.

テンプレート 説明
[parent] 親フォルダ名
[first] リスト先頭のファイル名(拡張子を除く)
[date] 今日の日付(書式=yyyyMMdd)
[time] 現在の時間(書式=HHmm)
[y,M,d,h,H,m,s,-,_,
年,月,日,時,分,秒]
現在日時(書式=ユーザー指定)
記述例
[date]-[parent]
[yy年MM月dd日HH時mm分ss秒]
4−2−3 リスト
カラム幅を自動調整する

このスイッチがオンの場合,ファイル名が全て見えるようにカラム幅を自動調整します.

同ハッシュ値の項目は文字色を変更する

このスイッチがオンの場合,計算実行後に同ハッシュ値の項目ごとに文字色を変更して表示します.

検査モードではスイッチの値がどうであれ文字色の変更は行いません.