山田偽研

(2014.03.02) SQDN Ver.0.59b

SQDN Ver.0.59b を公開しました.

  • CCBiCBM3TMNの「検索ノウハウ」をSQDNにも適用
  • 「検索ボックス」と「アドレスボックス」をひとつに統一
  • 「カレンダー表示に関するパラメータ」と「編集ウィンドウのシンタックスハイライトパラメータ」を定義ファイル(define.xml)に移動
  • 初期設定ファイルの構成を変更
  • バグフィックス

CCBiCBM3TMNのプログラミングで培ってきた「検索ノウハウ」は,今までSQLite命令構文の制約のせいでSQDNになかなか適用できませんでした.今回ちょっとしたトリックを「SQLiteライブラリー」に仕掛けることで,他のソフトウェアと同等の検索アルゴリズムを実現できました.

Webモードで表示される「アドレスボックス」はツールバー上の他の項目の配置を著しくひしゃげさせるので廃止することにしました.そこで,Google ChromeのOmniboxのように「検索ボックス」と「アドレスボックス」を同じコントロールで兼用することにしました.

各種パラメータの格納場所や構成を変更しました.これによりSQDNを実行中でも,「カレンダー外観」や「編集ウィンドウのシンタックスハイライト」を修正することができるようになります.一方,構成を変更した副次的作用により,アップデート時に「起動時の表示ページ」や「表示スタイル」などが強制的にリセットされます.アップデート後に各自手動で元の設定に戻してください.お手数をお掛けしましてすみません.