山田偽研

(2011.11.19) ARE Ver.0.18b

ARE Ver.0.18b を公開しました.

検索コマンドなどでAzuki内蔵のハイライト機能を使わないことにしました.

検索コマンドでは,必ず事前にMatchスキャンをかけており,シンタックスハイライトの度に再度Matchを実行するのは非効率なわけです.そこで,事前のMatchスキャンの時に,ハイライトも直接(SetCharClassによって)行なってしまおうという算段です.

この結果メモリ使用量は増えますが,無駄な計算量は圧倒的に少なく抑えられます.