山田偽研

(2009.12.27) TMN Ver.0.16b

TMN Ver.0.16b を公開しました.

前バージョンまではファイル拡張子ごとの設定は「ハイライト」しかできませんでしたが,本バージョンからはフォントやインデントなどすべての表示設定を個別設定できるようになりました.通常のテキスト編集ではプロポーショナルフォントを使用し,プログラミング言語では等幅フォントを使用するといった使い分けができます.

また,バラバラだった「Azuki」のビルトインハイライトと「TMN」独自のユーザーハイライト設定を共通のインターフェースで行えるようにして,ユーザーが混乱しないように心がけました.まぁ,それでも制約がいろいろあったりしますが.

ユーザー表示設定を複数定義できるようにしました.実は,今までひとつしか定義できない貧弱仕様だったおかげで逆にコードが複雑になっていましたが,これでスッキリしました.