山田偽研

(2010.02.03) iCBM3 Ver.0.131b

iCBM3 Ver.0.131b を公開しました.

今回の目玉は「マクロ」に関しての抜本的な改良です.

今まで野放図に増やしすぎて訳がわからなくなってしまった「マクロ」命令体系を大胆に整理統合しています.更に,「命令インタプリタ」も見直して,従来よりかなりのスピードアップを実現しました.

新しい「マクロ」のなかで「%check」と「%feed」が今回のイチオシです.リリースノートには書ききれないほど多種多彩なデータ加工を行うことができるようになっています.更に,表示に関しても「%display」マクロを使うことでバリエーション豊かな表現(ちょっと言いすぎだな)が可能です.

残念ながら,過去のマクロとの互換性は一切ありません.そのため,バージョンアップしてお使いの方は,新しいマクロに書き換える必要があります.すごく面倒です.

そこで,OPMLファイル限定ですが,自動的に古いマクロを新しい命令系に書き換えるツール「mc3」を用意しました.命令によっては完全コンバートできない場合もあるので,その場合は手作業での書き換えが必要になることもあります.ご了承ください.

(2010.02.03) iCBM3 Ver.0.131b2

iCBM3 Ver.0.131b2 を公開しました.

深刻なバグが見つかったので修正版(b2)と差し替えました.

(2010.02.06) iCBM3 Ver.0.131b3

iCBM3 Ver.0.131b3 を公開しました.

前回に引き続き,バグフィックスがメインです.

ところで,限定的な話で恐縮ですが,「Mozilla Firefox 3」でアドオン「Tab Mix Plus Ver.0.3.8.2」を使っている場合,起動時に複数のURL(二つ以上)を送っても2個のタブしか開いてくれません.以前はそんなことなかったんですけどね.

で,いろいろ調べてみたら,開発版(Ver.0.3.8.3pre.100125)では解決されているみたいです.心あたりのある方はお試しください.

(2010.02.11) TMN Ver.0.19b

TMN Ver.0.19b を公開しました.

今回は細かいバグ取りと「移動/コピー」の仕様変更などを行っています.

(2010.02.28) CCB Ver.0.44b

CCB Ver.0.44b を公開しました.

今回は重箱の隅のバグ取りと仕様変更を行っています.

基本的な動作について,大きな変更はありません.